トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

未知の生物でるあ可能性も捨てきれないわけではない

藤岡弘探検隊の番組中に、ナレーターが発した言葉。

単純に考えれば「未知の生物である可能性は無い」と読み取れるが、実際にはそういう意味で使われたのではなく、「未知の生物である可能性が多少は存在する」という意味であると思われる。